僕が好きだったころの戦国無双風、歴史漫画『ヴァルハラ~本多忠勝伝~』をレビュー!

出展:Amazon.co.jp 

どーもー、日本史で一番知ったかぶりできる時代は戦国時代!なヒーロー屋です。

 ジンジャーエールっす。じゃあ、一番好きなのは?

南北朝時代!(ドン!

 ・・・またマイナーな・・・

他の時代と違って、希望の未来にレディーゴー!じゃないところが魅力です。

 まさかのGガン。

対して、戦国時代が舞台の作品ってのは基本、江戸開府と平和の到来への流れに終着してくよね。

 天下統一っていうはっきりした目標があるからな。

今回はそんな戦国時代の天下統一という事業を観念的、精神的に扱っためずらしい歴史漫画『ヴァルハラ ~本多忠勝伝~』を紹介するよ。

 南北朝、無関係じゃん・・・

 

ヴァルハラ西方浄土中2

マックス・ブラックナー《ニーベルングの指環、神々の黄昏》

 ていうか精神的??

ま、そんなに難しく考えることぁないんだけど、ちょっとファンタジーというか、伝奇じみた設定があってね。

 ファンタジーねぇ?

 

このマンガにおける戦国武将はみな武薫(ぶこう)という“気”をまとい、最強の武神となり、西方浄土「ヴァルハラ」を目指すという・・・

 ・・・・・・・・・思いっきり中2やん!

いかんのんか?

 いや、いかんくはないけども。なんかあれだな、武神とか聞くと歴史漫画の『キングダム』にそんなのがいたっしょ。

龐煖(ほうけん)な。今はどうしてるのか・・・

出展:公式【キングダム −英雄の系譜−】最速攻略wiki

 

だから『キングダム』のノリを戦国時代に持ってきたと思えば読みやすいかもね。

 

 でもヴァルハラて。北欧神話?

ゲルマン人やヴァイキングの伝承で、戦士だけが死後たどり着ける楽園だね。

 となると、ヴァイキングを戦国武将に置き換えて、ヴァルハラを西方浄土に読み替えたわけ?

絹本著色阿弥陀二十五菩薩来迎図 (京都国立博物館)

そうそうw

武士は死ねばたどり着けるけど、生きたままそこにたどり着けた者のみが、武神の称号を得られるのだ!

 ・・・・・・つっこんだら負けなのか?

 

 

中2とかアメコミデザイン

スタイリッシュ正統派(?)無双武将

ただ、中2な世界設定に対して、マンガとしてのビジュアルは初期『戦国無双』、特に『2』の雰囲気が近くてそんなに色物でもないよ。

出展:コーエー

 充分色物な気もするが。まぁ『1』より押さえたデザインだった気がするな。キャラクターも鎧兜も。

比較的にね。以降の無双シリーズとか、同じく歴史アクションゲーム『戦国BASARA』とかからすればね。

 

この漫画『ヴァルハラ』の作画担当のキム・ビョンジンさんは韓国人の漫画家なんだけど、日本の甲冑をスタイリッシュに自分のデザインに落とし込んでて、好感が持てるよ。

あと、無双やBASARAではいつもモブ扱いの武田家から、赤備えの猛将 山県昌景(やまがた まさかげ)がめっちゃカッコよくヒューチャーされてるのもいいね。

 漫画『センゴク』でも活躍してたな。

出展:amazon.co.jp

 

この『ヴァルハラ』だと主人公 本多忠勝(ほんだ ただかつ)と三国志の豪傑よろしく豪快な一騎打ちを繰り広げるよ。

 そういや本多忠勝伝だったな、サブタイ。忠勝主役ってめずらしいな。

『クアドリガ 徳川四天王』って忠勝主役のマンガもあるみたいだけどね。そっちは全2巻だけど、こっちの『ヴァルハラ』は全1巻だから、サクっと読みやすいかもね。

あと、

忠勝個人で言えば徳川四天王の一人とはいえ、あくまで家康の重臣に過ぎない。でもその四天王の中でももっとも花があるキャラクターとも言える。

出展:gamecity.ne.jp

 花あるかな?

織田信長「花も実もある武士」って言ってるんよ。たぶん、見た目も実力も兼ね備えてるって意味だと思うよ。(このマンガの信長はそんなこと言うキャラじゃあないんだけどね)

  なんだw イケメン的な意味かと思ったw

 

このマンガだとたしかにイケメン化してるけどね、忠勝。あと、主君の家康はきれいな家康だし、山県もダンディイケメン。

 スタイリッシュ戦国時代か。

でもほどよくマッチョだよ。

 鎧着てたらわからんだろ。

そこがおもしろくてさ。

 

鎧はしっかり描かれてんだけど、その下に着込んでる鎖かたびらがアメコミヒーローっぽいコスチュームみたいになっててさ。

 全身タイツか。

タイツは文化だってキャプテンアメリカも言ってた。

 ホントかよ。ていうかアメリカン・カルチャーだろ。

いんや、現代文化なのだ。

 

で、しっかり描かれたよろい兜とスタイリッシュな肉体が、ヒロイックかつバランスがよくてカッコいいんよ。

主人公 忠勝の左右非対称のよろいデザインとか、面頬が強キャラ感を感じさせる山県昌景とか、『ドリフターズ』とちがって若武者感あふれる井伊直政とかね。

 

 信長とか家康は?

信長はある意味、ゲームに出てくる狂気の暴君じみた性格なんだけどデザインそのものは歴史ゲーム『信長の野望』っぽい落ち着いたもの。あと、きれいな家康は心までイケメン。

出展:出世大名家康くん【公式】 Twitter

 さっきからきれいな家康に違和感がw

 

 

けど、最後の敵 島津義弘(しまづ よしひろ)だけちょっとジャンルちがいなキャラデザインでさ。

 そうなん?

まぁある意味では無双とかBASARAに出てきそうではあるんだけど、2メートル級のマッチョなマスクマンなんよ。

 『キン肉マン』に出てきそうな?

出展:amazon.co.jp

それだ!

必殺技があって、変な笑いかたさせて、それでリングに立たせれば立派なパーフェクト超人!

 パゴアパゴアw

それは悪魔将軍だ。

 デザインで悪魔と完璧見分けつかないし。

僕は『キン肉マン』好きだから楽しめたけど、それ以外の人にはどう映るんだろうか。僕的には忠勝義弘を仰向けで背負わせてロングホーントレインさせてたら神マンガだった!

 自分もごっちゃになってんぞw

 

 

その武器、三国無双だよ!

あと気になったのが武器のデザイン。

 トンデモ兵器でも出てくるんか?

いや、そういうわけじゃないんだけど、なんか忠勝蜻蛉切(とんぼきり)っていう有名な槍があるんだけど、それがどう見ても方天戟なんだよね。

出展:amazon.co.jp

 三国志の呂布の武器じゃん。

正確には呂布のは方天画戟という。ま、それはいいや。

日本の槍よりも一騎打ちの際に絵が映えるからなのかもだけど。

 三国志っぽくなるしな。

でも何年か前に三島美術館で見た実物もけっこうカッコよかったのになぁ、とも思う。

出展:伊豆経済新聞

 カッコいいじゃん。

ねー。よろい兜がしっかりしてる分、ちょっと残念なところではあるね。

 

 

南北朝中2じゃね

ま、こういうからめ手の戦国ものも悪くないよね。

僕もそうだけど、歴史好きなら戦国時代ってある程度の知識がみんなもってるもんでしょ。だからこそ描ける作品かもね。

 知ったかぶりできるほどだしな。

ただ個人的にはこの『ヴァルハラ』の設定って、南北朝の英雄たちにこそ似合ってたような気がするんだ。

《太平記絵巻巻第七》 江戸時代

 最初に言ってった時代か。なんでまた?

戦国時代ほど武将たちが地に足着いてる印象が少ないしさ。

颯爽と現れる若き英雄たちが次々に死んでくあの時代こそ、「武薫」とか「武神」みたいなある種、うわついた設定にあってる気がしてさ。

 

 言うてもマイナーだし、南北朝。

マイナーな分、自由度は高いと思うんよ。

北畠顕家とか楠木正行とか北条時行とか足利直冬とかが活躍する歴史漫画があればなぁ~。

なんて、思ったりもする。

 たしかにまじめにコミカライズするより、伝奇とかファンタジー要素を混ぜたほうがアピールできそうだしな。

そうなんだよ。その意味ではゲーム『源平討魔伝』みたくできれば・・・

 南北朝じゃぁねぇーじゃねーか!

あああ・・・

 


 じゃあ今回はこの辺で。

ほいじゃねー!