[考察]ノスタルジーはヒーロー再生の起爆剤?英雄雑記vol.2

今回の英雄百景は続編だよ!vol.1はこちらからどうぞ↓

前回はヒーローとノスタルジーの関係に触れてみたんでその辺を語ってみるよ~。

「(゚ペ)   何だったっけ?現代のヒーローものの構成要素に、古い時代の英雄譚と通じるものがあるとかなんとか、だっけ?

そんな感じ。特に世間一般に人気のあるヒーローなんかには古臭い感じもするノスタルジーがうまく混ざってる感じがするからその辺をいろいろしゃべってみるよ。

 

ノスタルジー?

 

まずヒーローって一口に言うけど、そのヒーローって言葉そのものも結構幅広い概念だと思うんよ。ヒーローは子供のものっていう固定観念とか、ヒーローは殺しをしないとか、いろいろ考えられるけどそれって本当かな?って。そんな枠に納まるもんかな。

(=・ω・=)  少年マンガや青年マンガの主人公も広義のヒーローとすれば、その固定観念には当てはまらないね。

いわゆるヒーローたちだって昔は必ずしもそうじゃなかったわけじゃん。もっと大衆向けで広い年齢層に支持されてさ。勧善懲悪のストーリーでありながら、主人公が全にも悪にも振れ幅があって、それでも一線は守る、かつ大人も楽しめるエンターテイメント!『怪傑ゾロ』とか『丹下左膳』とか。

ヾ(^o^;)  一気に古くなったwたしかにノスタルジックだ。

ノスタルジーといえば岡田斗司夫さんが言ってたんだけど、『巨人の星』にしろ『ドラえもん』にしろその時代の価値観に合わせたわけじゃなくて、むしろ「過ぎ去りし価値観を、ノスタルジックに持ち上げ」たのが成功の原因なんだって。ちょうど僕が歴史や伝奇の英雄譚に興味を持ち出したころから読んでるマンガONE PIECE』なんかは特にその傾向が強いんじゃないかな。

ONE PIECEはヒーローもの?

(;・・)ツ  でもルフィはヒーローじゃないんだろ?

本人がそう言ってるだけで、まああれもヒーローだろ。水滸伝の「好漢」みたいなもんで。そげキングもいるし。

( ̄o ̄;)  海賊なのに?

あれだな。ヒーローの変種だ。そもそもジャンプの主人公でみんなに肉を分け与えそうなやつなんてあんまりいないような気がしね?

(~-~;)  キン肉星の王子とか明治の流浪人くらいかな。ドラゴンボールとかスラダン世代だから最近のジャンプ知らんし。

まあ作者の尾田先生のとびら絵だと確かにヒーローっぽい画像は少ないような気がするけどね。

話を戻そう。ワンピースのノスタルジックな部分として、作者本人も日本の任侠ものが大好きらしいけど、それ以上に江戸時代の講談とか伝奇小説の要素が強く感じられる部分があるんよ。

ヾ(・ω・o)   ていうか世界中の神話や民話っぽいのもあるじゃん。巨人とか妖精とか。

もちろんキャラクター造形の元ネタとしてはそうなんだけど、それはワンピースに限ったことじゃないよね。ここで言いたいのは、物語の格子とかキャラクターの内面的なものなんだ。

(・_・?)  というと?

例えば麦わらの一味に加わる前のフランキー「宵越しの金を持っちまった」みたいなことを言ってあせった後、居合わせた連中に盛大に酒をおごったりするところは古臭い江戸っ子気質。ルフィの兄エースを救出しに行った頂上戦争なんかは水滸伝八犬伝でよく見る刑場破りの大規模版だ。

(*゚▽゚)  白ヒゲの艦隊が47隻なのも赤穂浪士が元ネタだよね。

果ては兄弟盃仁義豪傑とか古臭い単語が目白押し。

( ̄^ ̄*)  確かに他の少年マンガではあんまり見ない単語だよね。

まさに任侠ものみたいだけど、個人的にはやっぱり伝奇小説『水滸伝』との類似性が強く見えるんだよなぁ。

( ̄ω ̄〃)  また水滸伝すか。

主人公たちが賊となって政府から追われながらも、次々に仲間を増やして一大勢力となっていくところとか、リーダーが仲間の助けがなければ生きていけないところとか、当初の仲間が弱体化しないところとか。

(゚ω゚;)  確かに初期の仲間キャラって弱くなってくイメージがあるね、ジャンプ・システム的に。

(´ ▽`).  ヤムチャのことかああ(棒)。あ、

(/・o・)  その点確かにワンピースゾロは弱体化しないねぇ。

水滸伝なら豹子頭 林冲。彼は最後まで最強キャラの一角であり続ける。

その他の類似性としては四皇ならぬ四大寇七武ならぬ十節度使天夜叉ならぬ飛天夜叉といった要素の数々・・・

( ´ ▽ ` )  原典の節度使たちは七武海ほど強くないような・・・

まー、それを言ったら飛天夜叉もそうだし。他にも小李広 花栄が偽の招安に来た朝廷の使者を射抜いた時は、

そげキング(ウソップ)が世界政府の旗を撃ち抜いたところを思い出して興奮しちゃったよ。

細かいところはさておき、ワンピースが受けてるのはそういった古臭い点が逆に新鮮、かつ心の琴線に触れるってことなんじゃあないかなと。

(‘0’)/  そういや今度アメリカで実写ドラマ化するらしいしね。でもそういうノスタルジックな要素の強いワンピースがアメリカでも受けるのかな。

正直なところ実写化が成功するかも怪しいけど、それでも同じジャンプの『NARUTO -ナルト-』じゃなくて、ワンピースを選ばれたのはこの作品の開かれた世界観が理由だと思うんよ。

(゚ペ)  世界観?設定が細かくされてれるとか?

つまり多人種多民族が共存、或いは反目したり、蔑視されたり、果ては聖地をめぐって衝突してる様は現実世界のメタファーだと思うんよ。別にそれがメインてわけじゃなく、あくまで作品のスパイスなんだけど、世界共通の問題であるだけに共感が得られやすい。さらにはチョッパーとかフランキーみたいな人間離れしたキャラのおかげでそうした問題すら笑い飛ばせるのもいいところ。その辺がワンピースが選ばれた理由のひとつなんじゃないかな。

(o ̄∀ ̄)  単に海賊人気に乗っかったんじゃね?ていうか開かれた世界観てのがよく分からん。

ぐむう。去年、映画『シン・ゴジラ』が日本で大ヒットしたじゃん。

 

ゴジラで見るエンタメ世相

(*^∇^*)  ああ、あれは面白かった。

僕も半年後の再上映で始めてみて、本当に面白かったんだけど、海外では大ハズレだったじゃん。その要因として作品そのものが非常に内向き、日本人向けな要素が強いためって意見を聞いたことがあってさ。要は閉じた世界観だったと。

(・_・)  言われてみればそうかも。

例えばハリウッド映画で『キャプテン・アメリカ』なんてタイトルで製作する際は、いかにナショナリズム的な匂いを消すかに腐心するんだってさ。

(‘ρ’)  ま、そりゃあハリウッド映画は他の国のマーケットをガン無視できないしねぇ。だから開けた世界観が必要なわけか。世界各地でロケしたり、日系人兵士がいたり。

ゴジラなら2014年の映画『GODZILLA ゴジラ』なんかは完全にエンターテイメント作品に特化してたし。

(・_・)  ゴジラもヒーローっぽかったし。誰が見ても楽しめる単純さって意味ではワンピースと同じか。日本の昔のゴジラも2作目からはそうだったんでしょ。

それで海外にも広まったんだよね。んで、2014年のゴジラは昭和のヒーロー要素を引き継いだ、どこの国の人が見ても分かりやすいキャラクターになってるわけだ。

(*’ー’)  シンゴジラとは違って応援したくなるゴジラではあったね。

それでいてこのゴジラはトランプ大統領とも被る。

∑( ̄[] ̄;)  Wha?!

岡田斗司夫さんの受け売りなんだけど、あのガタイとでっぷり太った体型。昔懐かしいアメリカン親父じゃん。

(* ̄□ ̄*;  えええ

要はこれまたノスタルジーだと。アメリカ人にとってのね。

∑(_□_;)  そんな理由で当選したんか、大統領。

なんかこんなMVもあるし。

( ̄ω ̄=)  大統領ディスられてるやん。

曲は微妙だけどシュールで面白いかなぁと。批判は多いけど当選したのは、今求められてるリーダー像に合致するものもあったんと思うし。オヤジ型ヒーローの復権みたいな。

(_△_;  だから2015年の映画『ファンタスティック・フォー』は大コケしたんか。やっぱザ・シングは頼りがいのあるオヤジキャラでなきゃあ!

最近のマーベル映画が70年代の曲を用いたり、80年代のテイストを出してるのもそういった失われたものへのノスタルジーなのかもね。

(*゚▽゚)ノ  『アントマン』とか、なんか『バック・トゥ・ザ・ヒューチャー』ぽくてよかった。

特にマーベルのヒーロー映画でもMCU作品は何度でも見たい映画になってるからね。ジブリ映画と同じく何回見ても苦にならない、単純に楽しめる映画。

( ̄ー ̄)ノ  そういやTVの洋画劇場とかでも昔はよく80年代とか90年代のアクション映画って何度も放送されてたな。

定期的に放送しても見る層がいるのを見越してのことだろうからね。その辺がこれまでのDCコミックスのヒーロー映画との違いだと思う。ノスタルジーといえば、今度こんな映画も公開されるし。

( *~∇~)ノ  俺らの好きなもんばっかやん。

公式サイトの「準備はいいか、ニッポン」ってのがカッコ良すぎる!9.11以降、無くなってたこうした楽しいエンターテイメントが復活してきたのかなぁって。

(・_・)  映画『ダークナイト』みたいな暗くてシリアスなノリの反動かな?

そんな気がする。観客もそれを望んでるじゃないかな。2010年代も終わりに近付きつつある今、もうそろそろそういうノリも飽きてきたような。正直『ダークナイト』やその続編『ダークナイト・ライジング』は多少多少アメリカ人向け、内向きな傾向がなくもないような気がしたし。

 

時代劇ヒーローの復権?

時代劇こそノスタルジー

ヾ(゚0゚*)  でもそんなノスタルジーばかりで大丈夫か?

うーん、確かに一理あるんだけど、でもヒーローって概念からすれば大丈夫だ、問題ない。

(・vv・)   なんのこっちゃ。

多少の流行り廃りはあるもののヒーローものってのはどの時代でも人気のあるコンテンツだかんね。そもそもどんな物語も基本は過去を扱ったり、過去を反映させて作り上げるものだし。

(  ̄_ ̄)  物語とは過去(あるいは死)の再生か・・・

どうした急に?!まぁそこまで大げさにいかないまでも、ヒーローってのはリアリティよりノスタルジーの要素が強いもんでしょ。

(・・∂)  ヒーロー自体が非現実的か。

例えば真田十勇士なんかもヒーローとして確立したのは明治大正期の立川文庫からだっていうしね。

( ̄¬ ̄*)  戦国期へのノスタルジーなんかな。

むしろ今後はそういった視聴者や読者のノスタルジーに訴えかけてくのもありなんじゃないかな?

( ´_つ`)  とういうと?

言葉を変えればかつてのヒーローたちの復権はよってこと。

(゚_。)?  かつてのヒーロー?黄金バットとか?

いや時代劇のヒーローたちさ。単に自分が歴史ものが好きだからってのもあるけどね。

今、中国や韓国では歴史もののドラマがたくさん作られててるんさ。特に中国は歴史ものの英雄譚や伝奇作品なら腐るほどあるからね

( ゚_ノ゚)  三国志だけじゃないって?中国独自のコンテンツかぁ。なんか・・・

未だにパクリのイメージが強いかwでもそんなことしなくても、自国の文化に世界に誇れるエンターテイメントの要素があることに気付いて大々的に振興してきた感じ。歴史ものに限るかもだけど。

(・◇・;)   日本も負けずに時代劇ってこと?たしかに歴史や作品のストックなら負けてないし。でも今さらなぁ。高齢者向けのイメージも強いし。

そうなんだよねぇ。一度根付いた先入観てのはなかなかぬぐえな。だからそういったイメージの払拭が必要なんだろうけども、そもそも時代劇が高齢者向けってのも製作側があえて若者を切り離して高齢層にターゲットを絞った結果だったから。ってこの本に書いてあった。すごく面白かったよ。

内容はこちらのサイトが詳しいよ↓

【読書感想】なぜ時代劇は滅びるのか

(=^–^)  じゃあ若者向けに作り直せばいんじゃね?

なかなか難しいみたいよ。ほら、子供向けと子供だましは違うじゃん?子供だましは手抜きだけど、子供向けは面白ければ大人が見ても楽しめるものも多いでしょ。ジブリ作品とかさ。

(〃 ̄ω ̄)  逆を言えばジブリ並みの完成度が必要かぁ。安易に若者向けにすりゃあいいってもんでもないね。

だいたい歴史もの、時代もののドラマが不振なのは日本だけで、海外ドラマじゃあ結構作られてんだよ。

(o・_・)  何が違うんだろ。

程度や質の差こそあれ、共通してるのは視聴者に面白いものをみせよう、ワクワクさせてやろうってノリが感じられるところなんだけど、日本のドラマはワクワク、ドキドキより視聴者の共感を重視してるように思うなぁ。

 

マンガに息づく時代劇の魂

( ‥)  共感もいいけど、それだけじゃあフツーの日常と変わりないような

まあご老人をドキドキさせたら危ないからねwでもヒーローに求められるのは共感よりそういったドキワク感だと思うんよ。昔は幼年期に特撮ヒーローを楽しんでる子供たちの次の受け皿の一つとして時代劇のある時期があったんさ。

o(゚◇゚o)  アニメとかじゃなくて?

もちろんアニメやマンガにもヒーローはもちろんいたけど、中学生ころに見た『将軍家光忍び旅』ってのは普段時代劇に触れないライト層にも見やすくて、ワンパターンながらも楽しめたんだ。特撮やアニメを見るよりは大人な感じもしたからね。それでも『ドラゴンボール』『幽遊白書』以上に面白いかっていうと残念ながらそうでもない。

(o・ω・o)  要はマンガやアニメに市場を完全に奪われちゃったわけだ。

ていうか明け渡したようにもみえるけどね、上記の本によると。放送時間枠もバラエティーに取られちゃったし。でも少年マンガのヒーローだって時代劇的なフォーマットを踏襲してるキャラも多いんだから時代劇そのものがつまらないわけじゃあないんだよね。

(A゚∇゚)  ケンシロウとか冴羽獠とか。

ワンピースは構成が近いものがあるし。よくワンピースを「泣ける!」とか言う人がいるけど、僕からするとそうじゃなくて、ワクワクドキドキできて面白いから読んでるわけだしね。あるいは僕がここ数年でどっぷりハマってるゲーム『アサシン クリード』や、SF作品『攻殻機動隊』だって必殺シリーズみたいな時代劇と重なる部分があるし。

(゚-゚;)  暗殺者とか公儀隠密が主役だな。ヒーローであってヒーローでない。

そのゲーム内に出てきた文章でこんなのがある。「要するにアクション、流血、冒険、争いさ。(中略)グループセラピーじゃない。」歴史ゲームをビジネスとして展開する際の議論で発せられたセリフなんだけど、やっぱ面白い歴史ものをやるならそういった毒の要素も必要だと思うんよ。

(´▽`)  随分血なまぐさいぞ。

まあこのゲームは成人向けなんでこういうセリフになってるけど、つまり客を楽しませることに重点を置いてるところが重要なんよ。

(‐^▽^‐)   少年マンガならワクワク感だしね。

ある意味、青年マンガの方が時代劇は向いてるのかもね。なんだかんだで斬り合い、チャンバラで命のやり取り、アクション重視とくれば。例えば『ゴールデンカムイ』

関連記事:

 

(〃 ̄∇ ̄)  今度アニメ化すんね。少年誌だと『るろうに剣心』みたいな例外はあるだろうけど、実際、時代もの、歴史ものとくれば青年誌の方が向いてるかもだね。

歴史ものなら『キングダム』もそうだし。

(○゚ε゚○)  逆を言えば青年誌を読む層、あるいは海外ドラマや海外ゲーム等の派手なアクションを好む層になら受けるんじゃね?

でも上記の『なぜ時代劇は滅びるのか』によるともうおもしろい時代劇を作ることすら困難になってきてるらしいよ。

( ̄Д ̄;)   マジで?

まあ時代劇どころか現在の日本の映像製作界全体の問題のような気もしたけどね。

( ̄▽ ̄)  じゃあ昔の時代劇ならいいんだ。

 

希望は動画配信サイト?

一応時代劇専門チャンネルとかBSにあるけど

( ̄0 ̄)  そういうんじゃなくて、ストックだけなら大量にあるんだろうから、NetflixとかHULUにもっと大量に往年の人気俳優が出てる映画とかドラマの時代劇配信すればいんじゃね?海外向けにも英語吹き替えとかがんばってさ。

ほ~ん。両サイトを見た限りでは今んところ確かにそんな大量にはないかな。古いもの、最近のものが半々な感じだし。でもあえて古い方みたいと思うかなぁ。

( ̄∀ ̄)  じゃあさっきの本の宣伝というかダイジェスト的な動画をyoutubeとかニコ動で公開してそこから誘導すればいんじゃね?本が面白かったんならそれが動画になっても面白いだろうしそれが入り口になるかもだし。

確かにまずは面白い時代劇を視聴する環境に恵まれてないってのもあるかもね。

( ̄Σ ̄;)  さっきからかもかもばっかじゃん。芹沢か!

えええ、うまくないし・・・。ほぼ推測なんだからしょうがないじゃん。だってアメリカなら最近はバイキングもののバイオレンスな歴史ドラマでみんなの共感重視の主人公なんかじゃない、ギラギラした目の英雄たちが活躍してるし、マーベルのMCUみたいな正統派ヒーローだってうけてるしさぁ。キャプテン・アメリカなんか戦前のヒーローだよ。下手な時代劇ヒーローよりよっぽど古臭いのにここ数年で一気に成功してるしさ。

(o・ω・o)  だからそういうのはやっぱ地上波より動画配信サービスのほうが描きやすいんじゃね?

確かに。どうせやるなら今の時代劇や大河ドラマみたいに現代的価値観による平和思想の押し付けや、安定感重視じゃない描写を期待したいしね。やっぱヒーローってのは平和を満喫するものじゃあなくて、平和を目指すものであって欲しいし。

( ̄ー ̄)ノ  闘わないヒーローってのも聞いたことないしな。

ドラゴンボールでグレートサイヤマン路線が続かなかったのもその辺かな。

僕個人としては好きだったし、もう少し続きが見たかったんだけど。

(´・ω・`)ノ  結局ガチのインフレパワーバトルに戻っちゃったよね。

歴史や神話、伝奇の英雄たちが魅力的なのは強大な権力や、運命に抗い続けるところにあると思うんよ。それはアメコミや、アニメ、ゲーム、時代劇のヒーローたちでも同様だろうし。だからそうした面も描くことが出来れば、もともと面白いコンテンツなんだから時代劇の復権もあり得ると思うんだけどなぁ。

 

ヒーローたちの未来図

 

ヒーロー・バブル?

ここまで様々なエンターテイメント作品をヒーローって要素を中心に話してきたけど、今後の展望についても話してみるよ。

 (/・o・)  展望?マーベルに限れば映画は絶好調だし、ディズニーが21世紀フォックスを買収したおかげでアべンジャーズとⅩメン、ファンタスティック・フォーの共演も可能と、いいことずくめじゃん。

あれはびっくりしたね。まさか実現するとは思ってなかったから。アベンジャーズの次回作も楽しみだし。

とはいえここまでキャラクターが増えると心配だよ。

o(゚◇゚o)  何が?作品のクオリティー低下とか?

それもあるね。昔、時代劇映画がヒットしてたころは作れば儲かるってんで、結構質の低い映画もあったとか。

(=´▽`=)  その辺は邦画がマンガの実写化で担ってるからいんじゃね?

別に日本が担当してるわけじゃないんだけど?!もひとつ心配なのはマンネリだよね。僕がよく考えるのが『真・三国無双』『スーパーロボット大戦』といった大舞台にヒーローが集結してくるゲーム作品のマンネリ化なんだけど、無双シリーズにしろ、スーパーロボット大戦シリーズにしろそのマンネリ感は如何ともしがたいはず。

(;¬_¬)  両方ともキャラクターは魅力的なんだけどねぇ。

無双はなんせ舞台が『三国志』か戦国時代に限定されてるんで、毎回同じストーリーで作品を構築することになる。スパロボは参戦作品や世界観は変えられても、ゲームシステムそのものがマンネリ化しちゃってる。

(・_・o)  共に違ったアプローチを試したけど、結局うまくいかなかった印象だね。

『無双OROCHI』シリーズは悪くなかったと思うけどね。

結局、キャラクター人気だけに頼っちゃってる気がする。

(o゚~゚)o  何が足りないん?

う~ん、いい意味での意外性かな?無双もスパロボももう根本的なゲーム性の変革をしてもいいころなんじゃないかな。新作のトレラーを見ても、いまいちワクワクしないんだよなぁ。安定感はあるけれど。

(〟-_・)  長く続いてるんだからそりゃ安定もするわな。

でもそれだと新規のファンが付きにくいんだよね。下手すりゃ時代劇の二の舞になりかねない。

(=゚▽゚)/  同じゲームで言うならファイナル・ファンタジーなんかは毎回キャラクターも舞台も違うから、参考にならないかな?

それがFFはやったことないからよく分かんないんだなあ。

( ̄△ ̄)  えええ・・・

どっちかっていうと、やっぱアサシン クリードの方が知ってるから例にとりやすいな。

ヾ(・ω・o)  あれもマンネリとか言われてね?

それでもシステムを一新した『アサシン クリード オリジンズ』は人気を博してるし、とにかくいいんだよ!

(´ー`)  信者の言うことだし話半分に聞いとくか。

ぐむー!まぁいいや。今言ったようにシステムは毎回改善してるし、舞台もキャラクターも基本的には変えていってるから飽きが来ない。それでいてストーリーの連続性もあるからファンも持続する。

ヾ(゚0゚*)  でも新規ファンが入る敷居が高くなんない?

特に連続性が高いのが現代編って呼ばれるパートなんだけど、基本的にそいつはゲームのおまけなんでその辺は気にするほどじゃあないと思うよ。それより次回作はどの時代が舞台になるのかとか、トレーラーのPVのかっこよさとかで毎回ワクワクささえてくれるからね。特にどのナンバリングからプレイしても問題ないと思うな。

(*゚・゚)ン  そんでマーベルヒーローの映画の方は?2作目ならまだしも3作目から見たら、事前知識なしだときついだろうし、やっぱ敷居が高くなっちゃうんじゃね?

まーね。ていうかMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)っていういわゆるアベンジャーズの系列映画は今度公開される『ブラックパンサー』で早くも18作目だしね。

ヾ(´ε`*)  一見さんお断りだ、こりゃ。

一応、そうならないようにはしてるんよ、一応。

個別のタイトルは基本3作目までだし。特にその1作目なんかは他のMCU作品を見てなくても楽しめるようになってるし。

(6 ̄  ̄)  それでも話は続きものなんでしょ。『ドラゴンボール』みたいに主役やメインキャラがある程度定まってるんならまだしも、次々にメインの新キャラが出てくると余計敷居が高くなりそう。

それはあるかも。その辺がアメコミが日本のマンガ市場に及ばない理由の一つかもね。新規参入してくれるファンがいないとコミックならともかく、大規模予算で公開する映画としてはきついから。

(=´Д`=)  じゃあアメコミ映画バブルもはじけちゃうんかな?

とりあえずMCUは次のアベンジャーズの3作目と4作目で一応の終わり、というか区切りが付くらしいよ。

それ以降はまた出演者や世界観も仕切り直してくみたいだけど。

(A゚∇゚)  そこから新規ファンを獲得してく狙いか。

ただこのシリーズは一つ一つの映画同士の繋がりが強い分、あまり個々の作品で好き勝手が出来なくて監督への負担がゲキ重らしいから、その点だけは心配だね。

 

多様なヒーロー像

そんな中、マーベルコミックスは最近、世界観を新たにスタートしてるんだけど、これがまた人種や宗教などのバックボーンが多様性に飛んでるんよ。

ヾ(゚ー゚ヾ)  黒人ヒーローとか?

他にもムスリムのヒーローや、同性愛者のヒーローとかマイノリティな要素のキャラが前面に出てきてるのが面白いんよ。

(「・_・)”  そういや『スパイダーマン』自身もオタク少年が主役だし、Ⅹメンもマイノリティだしね。

さっきも言った開かれた世界観てのはあると思う。アメリカ社会が多様化してるからこそ、その現実に合わせた世界観を構築してくことで、新たなファン層を開拓してこうっていう。

変貌するアメリカ社会、ってやつ?

アメリカだけじゃあなくヨーロッパとかもそうかも。例のアサシン クリード・シリーズの一つ、『アサシン クリード ユニティ』には実在した女装のスパイ、シュバリエ・デオンが登場してるし、その次の『アサシン クリード シンジケート』ではトランスジェンダーのオリジナル・キャラクターが登場してる。

そもそも1作目の主人公は多分アラブ人(?)だし、最新作の主人公バエクはエジプト人だ。

こうして多様化した世界観を打ち出してるのも最近のコミックやゲームの特色かもね。特にゲームの場合は世界中のプレイヤーに売り込んでく上で、キャラクターに多様な背景を持たせるのも重要になってきそうだし。中でもマーベルの場合はアンチ・トランプ大統領な姿勢が背景にあるようだね。

(o・ω・o)  マーベルはリベラルなん?

どっちかっていうとそうだろうね。ハリウッドとかも同じくね。

( ゚_ノ゚)  でも国民は大統領に、頼りになる古いアメリカンヒーローを見てるんじゃない?

それでヒーロー同士の戦いになってたりしてね。

( ̄⊿ ̄)  おいおい 。

それは冗談としてもヒーローってのは程度の差こそあれ、反権力的なところはあると思うよ。

 

ヒーローの本質は反権力?

江戸時代の歌舞伎だってそうだし。

(?_?)  そうなの?

うん。江戸時代ってのは町人文化が発展した時代だからね。建前としては士農工商でも経済力は商人が握り、それを江戸の町人、市民経済が支えてたの実際のところなんよ。

( ・◇・)  で、軍事力を持つ武士が上に乗っかってたんか。

つっても、平和な時代じゃ軍事の優位性は無いに等しいんだよね、悲しいことに。そこで武士の政権たる幕府はその優位性を保つために法の力で市民を抑え込むことになる。

ヽ( ´_つ`)ノ  なんだか話しが難しくなってきたんだが。

要は風紀を守ると称して市民文化の統制を図る。

(゚ペ)  エログロはいかんと。

幕府批判もダメやぞ。

( ゜Д゜)  いかんの?

いかんね。現代の民主主義社会のように国民に選挙でその正当性を担保されてる訳じゃない幕府は、その政治的正当性を軍事力で担保しなきゃならないんだけど、さっき言ったように平時ではそれもままならない。

o(゚~゚o)  軍事パレードでもしたら?

そこまでしなくとも、例えばフランス絶対王政下では王家の結婚やら出産やらを一般公開したりとかして、イベントによってその優位性を維持してるんだけど、そもそも市民の華美を戒めてる江戸幕府はそれができない。

つまりなめられたら終わりなのが江戸幕藩体制の実体。

(; ̄ー ̄)  それじゃあ、お上を馬鹿にするような演目は上演できないな。

でもそうなると市民社会にフラストレーションがたまる。

(o ̄∀ ̄)  町人からすると、イチイチ威張りくさりやがって、って感じ?

だろうね。平時においては武士なんて何も生産せずに威張り散らすだけに見えてもしょうがない。むしろそれが実体だからこそ、武士はその権威を保持するために威張るしかない。

( ̄△ ̄;)  変なの。ゆがんでんな。

いつの時代も人の世にはゆがみが付き物なんで、へい。そのゆがみが例えば歌舞伎というエンターテイメントの場で表現される。

( ̄▽ ̄;)  どんなふうに?

実際にあった事件を町人の視点からヒロイックに描くんよ。でもそのままじゃ上演できないから舞台設定をいじって、登場人物を違う時代の別人に設定することでかくれた政治批判を忍ばせるわけ。

(; ̄Д ̄)  回りくどいなぁ。

反権力っていってもあくまでヒーロードラマの一要素だからね。

幕府側から見てもバレバレだったろうけど、ガス抜きの意味合いもあってある程度は容認してたみたい。

(゚ー゚;)  世の矛盾をヒーローに託してく感じ?

だね。有名な赤穂事件が『忠臣蔵』になったのも、単なる仇討ち事件に反権力の要素が加わって赤穂浪士っていうヒーロー集団の物語が生まれたわけだし。

(・o・;)   権力に限らず、さっき言ってた勝ち目のない、適わない運命とかに抗うのがヒーローたるゆえん、てことでしょ。

うん、それそれ。さすがに全部が反権力って枠にはまってるわけじゃあないしね。普通に魔物を倒すのもヒーローだし。

権力におもねったり、運命に屈したらヒーローじゃないと思うし、そもそもエンターテイメントとして面白くないもんよ。

ヒーローの条件って程じゃあないけど、反権力ってのは構成要素の一つだってところかな。

(・ω・)  現実世界へのアンチテーゼだね。

他にも「義を見てせざるは勇なきなり」とか、守るべきもののために戦うとか、ヒーローのテーマというか条件はいろいろあると思うけど、それについてはまた今度おしゃべりします。

てなわけで今回はこの辺で。

ほいじゃ!(*゚▽゚)ノ

 

参考記事: