検証!どろろと百鬼丸、再会の場所は?そして橋の下の黄金色の流れとは?伝奇アニメ『どろろ』第二十四話「どろろと百鬼丸」をネタバレ・レビュー!はずい追記もあるよw

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

ヒーロー屋
ヒーロー屋
どーもー、最近ウォーキングを始めたヒーロー屋です。
Right Caption

ジンジャーエール

 ジンジャーエールっす。ウォーキングってありゃ散歩だろ。1km程度じゃ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
それ以上歩くと腰とか腿とかにしびれがでるんだよー。千里の道も一歩からじゃ。

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
てなことは置いといて、今回の英雄百景は伝奇アニメ『どろろ』の最終話「どろろと百鬼丸」だよー。

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

 

 

十一体目の鬼!・・・とか

 

Right Caption

ジンジャーエール

m9(^Д^)プギャーーーッ
ヒーロー屋
ヒーロー屋
な、何だよ?
Right Caption

ジンジャーエール

前回のタイトル。

*おススメ記事:前回のタイトルとは?

 

Right Caption

ジンジャーエール

11番目の鬼神は誰なのか?(キリっ
Right Caption

ジンジャーエール

くやしいのうwwwくやしいのうwww

ヒーロー屋
ヒーロー屋
( ゚皿゚)ギギギ

 

Right Caption

ジンジャーエール

でも、結局、数合わなくね?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
でしょ?!そう思って考えたんだけどさ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
やっぱりサメの三郎丸も鬼神の一体としてカウントするんだろうなぁってこと。

Right Caption

ジンジャーエール

でもどこも体の一部返ってこなかったじゃん。どろろたちが倒したとき。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
それはおそらく二郎丸と左足をシェアしてたんだと思う。ていうかそれ以外納得のいく答えがないし。

Right Caption

ジンジャーエール

なるほどな。多分それじゃね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
と、いうわけで前回のことはもう忘れて本編いこー!
Right Caption

ジンジャーエール

ニヤニヤ
ヒーロー屋
ヒーロー屋
なぐりたい、この笑顔 (#^ω^)ビキビキ

 

追記:下のコメント欄にもあるようにの本体と尻尾の大蛇がそれぞれ百鬼丸の腕を持っており、鬼神像も二体割れ、最後の鬼神像の両腕が光る演出があることをonigawaraさんからご指摘いただきました。

Right Caption

ジンジャーエール

あちゃー、やっちゃったなー、また。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
実際見直したらそうでした。onigawaraさん、ありがとうございます。
Right Caption

ジンジャーエール

まぁ、元気出せよ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
自分だってたぶんそれだって言ってたくせに。
Right Caption

ジンジャーエール

あれは、ほら、おれ悪魔超人だし。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
あ、自分だけずりーぞ。

 

百鬼丸と多宝丸

出展:WebNewtype(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

ヒーロー屋
ヒーロー屋
今回のタイトルは「どろろと百鬼丸」だったけど前半はほぼ、百鬼丸多宝丸の戦いと、二人の想いの交差に終始しててそこがまたよかったよ。
Right Caption

ジンジャーエール

この兄弟対決・・・どことなく昔見たアニメ宇宙の騎士テッカマンブレードを髣髴とさせるんだよなぁ。

出展:dアニメストア

ヒーロー屋
ヒーロー屋
あー、そういや奇しくも兄弟同士の対決ではあるね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
主人公Dボウイことテッカマンブレードは激闘の末、弟を倒すも強大化した力の影響で、最後のラスボスとの決戦では獣のような咆哮を上げるだけになりながらも勝利し、そして廃人と化してしまう、っていう。

     描いてみた(笑                            ⇒さらに描いてみた(笑笑

ヒーロー屋
ヒーロー屋
まさか百鬼丸も?!
ヒーロー屋
ヒーロー屋
いんや、多宝丸の怒り、憎しみを真っ向から受けることで、彼の中に疑問が生じるんよ。

Right Caption

ジンジャーエール

そういや、多宝丸はこれまでほとんど義務感で戦ってたのにな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
燃え上がる醍醐の城の中で、二人は常人離れした修羅の如き死闘を繰り広げるんだけど、そこは多宝丸が幼いころから育ち、さまざまな想いをつちかってきた場所でもあったんよ。

出展:WebNewtype(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

ヒーロー屋
ヒーロー屋
そんな場所を百鬼丸が血で汚すのが許せない多宝丸
Right Caption

ジンジャーエール

自分でおびき寄せといてー?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
まあ、そうなんだけど感情ではさ。ここで百鬼丸ここが醍醐の城なら俺のだ!と言い放ったときは正直ゾっとしたね。

出展:ツインエンジン ニュース

Right Caption

ジンジャーエール

そうか。考えてみればそうなんだよな。でもそれを聞かされる多宝丸の心境を思うと・・・

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
自分の部屋、父から賜った文机、馬、そして兄弟のように共に育った陸奥・兵庫との思い出、そして母との記憶。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
でも彼の記憶の中の母は、なぜか自分を正視してくれなかった。
Right Caption

ジンジャーエール

多宝丸を見るたびに百鬼丸のことを思い出しちゃってたんだな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そのつぶやきを聞き、聞き返した百鬼丸多宝丸「私の母上だ!」と討ってかかる。

出展:WebNewtype(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

ヒーロー屋
ヒーロー屋
受け止めた百鬼丸「なぜだ」と聞き返す。「お前は足りない。俺のように!」

出展:WebNewtype(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

Right Caption

ジンジャーエール

足りない?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
百鬼丸の心眼に映る多宝丸の姿は心に穴が空いているかのように見えたんだ。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
多宝丸。その名にふさわしく全てを与えられながら、なぜその心に空虚な穴があるのか。
Right Caption

ジンジャーエール

父も母もいて自分の居場所や心を許せる家臣もいた。でもそれを奪っていったのは・・・
ヒーロー屋
ヒーロー屋
彼の世界を奪ったのは百鬼丸だったんだよね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そのことを多宝丸に突きつけられて初めて、百鬼丸は動揺の色を見せるよ。

Right Caption

ジンジャーエール

全てを奪われた身であるはずの自分が行ったきたことは、この弟から全てを奪う所業だった事実は重いよな。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
それでも闘いは百鬼丸が徐々に優勢になり、額から流れる血で、左目を閉じた多宝丸が鬼神の目で見た百鬼丸の姿には、すでに鬼神の赤い焔はもう灯ってはいなかったよ。

Right Caption

ジンジャーエール

そうなんだ・・・
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そして一閃、多宝丸の刀は砕かれ、決着はつく。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
多宝丸は問うよ「なぜ、とどめを刺さなかった」

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

ヒーロー屋
ヒーロー屋
「お前も同じ、人だ。」それが百鬼丸の答え。

 

そして、人となる

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

Right Caption

ジンジャーエール

鬼でも英雄でもなく人。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
互いに言うべきこと、言いたいことは吐き出した。憎悪を胸に命がけで殺しあった。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そして相手も自分と同じ「人間」であることに気づかされたんじゃないかな。

Right Caption

ジンジャーエール

あとは、許すだけ・・・?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
多宝丸を、自分から全てを奪った醍醐を許す。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
それが百鬼丸の出した答えだったんだと思う。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
刀を振り下ろす直前に彼の心の目に浮かんだ過去のどろろとの触れ合いや、生まれて間もないときに母の胸に抱かれた人としてのぬくもりの記憶が彼を止めたってのもあるだろうけどね。

Right Caption

ジンジャーエール

やっぱりどろろ百鬼丸の中でのセーフティ装置としての役割を果たしてたんだな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
どろろと共にあるために。人でありたいとね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そんな百鬼丸多宝丸も負けを認め、鬼神に心を乗っ取られる前にとその目玉を自ら抉り出す。

Right Caption

ジンジャーエール

ほんと多宝丸って利他的な子だよな。これ以上、兄百鬼丸に、そして醍醐の地と民に害を及ぼさないためだろうけど。

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
醍醐の城の地下から姿を現した鬼神の身に両の刃をつきたて、ついに両目を取り戻す百鬼丸

Right Caption

ジンジャーエール

とうとう最後の鬼神を倒したか!
ヒーロー屋
ヒーロー屋
人としての体を取り戻し、人となった百鬼丸
ヒーロー屋
ヒーロー屋
しかし醍醐の城が炎で倒壊し始めるよ。

Right Caption

ジンジャーエール

危うし百鬼丸
ヒーロー屋
ヒーロー屋
と、そこに駆けつけた寿海縫の方によって事なきを得るよ。

出展:ツインエンジン ニュース

Right Caption

ジンジャーエール

あー、よかった・・・・・・・・・・うん?!いつ来たんだよ、炎上中の城に?

ヒーロー屋
ヒーロー屋
縫の方琵琶丸に手伝ってもらって井戸の底にある抜け穴から。寿海はなんか普通に入って、普通に縫の方と合流してた。

 

「」

Right Caption

ジンジャーエール

ほら、見い。ポルナレフさえあまりのことに言葉を失ってるぞ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
ポルポルくんが仕事を放棄したので、僕から言おう。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
たしかにちょっと詰め込みすぎた感はあるかな。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
でも、上の画像↑ほどじゃないからいんじゃね?
Right Caption

ジンジャーエール

比較対象がww
ヒーロー屋
ヒーロー屋
まー、寿海には寿海の都合があったんさ。
Right Caption

ジンジャーエール

どんな?

 

寿海が与え損ねた最後のパーツ

出展:ツインエンジン ニュース

ヒーロー屋
ヒーロー屋
かつての拷問医師としての凄惨な業の数々に耐えかね、自らを絶とうと海に身を投げるも。唐船に拾われ、義手義足の技術を身につけた。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
それ以降は罪滅ぼしの意味もあってか、戦で手足をなくした者のために義手義足を作り始めるも、弟子としたカナメ「あなたは誰も救えない!」と、非難され見捨てられてからは、まるで心の埋め合わせをするように戦場の死体に義手義足を付けてまわる日々が続いてたんよ。
Right Caption

ジンジャーエール

そんな・・・何の意味があるんさ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
無意味だね。虚無だよ。そのとき彼の心は死んでいた。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
そんなときに拾ったすべてを失った赤子の体を自分の持つ技術で、まがりになりにも人ととして再生させ、この地獄のような現世を強く生きれるようにと百鬼丸と名づけたんよ。

Right Caption

ジンジャーエール

あー、そういう意味だったんか。地獄に鬼はつきものだしな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
正直、最初見てるときはこの名が皮肉な意味に変わろうとは思ってもみなかったけどね。
Right Caption

ジンジャーエール

ふ~ん、ぐらいの感じで見てたなw

ヒーロー屋
ヒーロー屋
だったかな~笑。しかし百鬼丸に染み込んだ鬼神の残り火が妖怪たちを惹きつけるのか、彼に襲い掛かる魔物たちが増えるようになり、いつの間にか百鬼丸自身が鬼と化したかのように寿海の目に映り、自分はまた過ちを犯したのかと苦悩することになったんだよね。

*苦悩する寿海。おススメ記事:

Right Caption

ジンジャーエール

そんで、ある日倒した妖怪が例の鬼神の内の一体で、百鬼丸の右足が戻ったことで、彼を旅に出すことにしたんだよな。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
そしたら、今度は左の義足をなくしたから直せと戻ってきたんよ。
Right Caption

ジンジャーエール

なのにこのおっちゃん、「わしにはお前を救えぬ」ときたもんだ。

*「わしにはお前を救えぬ」の意味。おススメ記事:

ヒーロー屋
ヒーロー屋
このときはこれ以上、百鬼丸を修羅の道に走らせたくない親心とも思ったけれど、死体の義手義足をひたすら作り続け、戦場跡でつなげていたのはまさに自分には誰も救えないことを自分に強いていたんじゃないかとも思う。
Right Caption

ジンジャーエール

そんな・・・どんだけ重い、地獄の苦しみじゃんよ・・・
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そんな中、戻ってきた百鬼丸は修羅の様相を呈しながらも、ある他者との繋がり、つまりどろろとの絆を明かす。だからこそ寿海百鬼丸に与え損ねた最後のパーツを手に彼をここまで追ってきたんよ。
Right Caption

ジンジャーエール

最後のパーツ?

ヒーロー屋
ヒーロー屋
死体を修復していた自分、生きながらにして死んでいた自分に人との絆を再確認させてくれた百鬼丸寿海は一人じゃないことを、百鬼丸との絆で再認識し、最後の生きる目的を得た。それは百鬼丸に自作の観音像を届けること。

Right Caption

ジンジャーエール

観音像を届けることが何で・・・そういや縫の方が大事にしてた観音像のおかげで、百鬼丸は十二体目の鬼神から守られたんだったっけな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
その観音像は首が砕け、ひび割れてしまったけど、寿海の観音像はどこか聖母マリアを思わせる観音像でさ。
Right Caption

ジンジャーエール

寿海のおっちゃん隠れキリシタンだったんか!

ヒーロー屋
ヒーロー屋
この時代に隠れもキリシタンも何もないよ(笑
ヒーロー屋
ヒーロー屋
その観音像は慈母観音か、あるいは白衣観音(びゃくえかんのん)ていう頭から白い布をかぶった観音さまのどっちかだと思うんだけど、ともに母性を象徴してるんよ。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
つまり、百鬼丸には与えられなかった母の愛、無条件にただ人を慈しむ心を届けに、しかも偶然とはいえ、いやあるいは観音菩薩の導きか、縫の方とともに百鬼丸のもとについにたどり着き、手渡すことができたってわけ。
Right Caption

ジンジャーエール

「おっかちゃん」二人がか。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そして寿海は観音像で、母縫の方は言葉でそれを伝えることができた。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
あとの琵琶丸の言葉じゃないけど、このとき初めて百鬼丸は生まれたんじゃないかな。

Right Caption

ジンジャーエール

あるいは人として生まれ変わった。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
うん。戻った両目に燃える城内はまぶしく、少しずつ視力が回復していく様子はまさしく改めて現世に生まれ出た様子を象徴するようでもあったね。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
そして寿海が指し示す抜け道の奥からは、後を追ってきたどろろの声が。

出展:ツインエンジン ニュース

Right Caption

ジンジャーエール

ようやく合流できたな。助けるつもりが助けられる形になっちまったけど。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
ポルコ・ロッソが言ってたよ。「持ちつ持たれつだ」って。

出展:シネマズ PLUS (C)1992 Studio Ghibli・NN

Right Caption

ジンジャーエール

あの声で言われると納得できちまう。

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
そして百鬼丸どろろ琵琶丸の助けもあり脱出。寿海縫の方は倒れた多宝丸と共に、まるですべてを焼き尽くす浄化のようなの炎の中に消えていったよ。

Right Caption

ジンジャーエール

あー、死んじゃうのか・・・
ヒーロー屋
ヒーロー屋
これまでずっと救うことができなかった命をやっと救うことができた。本願が達せられたこの二人には死こそが救いだったんじゃないかな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
多宝丸百鬼丸の両目を自ら抉り出した時点で力尽きていたしね。ようやく自分を見てくれた母のひざの上で死ねたのがせめてもの慰めかな。

 

どろろの選択

出展:WebNewtype(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

ヒーロー屋
ヒーロー屋
こうして醍醐の城は燃え落ち、領民は自分たちで先行きの選択と決断を迫られることになる。
Right Caption

ジンジャーエール

なんかこのへんゲーム『真・女神転生Ⅱ』 のエンディングみたいだな。

*『真・女神転生Ⅱ』についてはこちら。おススメ記事:

ヒーロー屋
ヒーロー屋
ある種の神殺しだったわけだね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
で、絶対的な支配者も、恐るべき庇護者もいなくなったからには、自分たちの力で自分たちの生きる道を進もうとどろろが提案したのが銭の力なんよ。
Right Caption

ジンジャーエール

銭の力ねぇ。あ、どろろのおっとちゃん火袋の隠したお宝があったな!

*火袋の隠したお宝とは?おススメ記事:

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
軍事力によった武士の力でもなく、鬼神という制御不可能な力でもなく、による流通の力。この辺はいずれレビューするつもりの戦国歴史漫画『センゴク天正記』で触れるつもりだけど、簡単に言うとこれまで土地に縛られて生きてきた民衆に別の可能性が生じることになるんよ。
Right Caption

ジンジャーエール

そういやイタチが「これがあれば、俺たちはもっとマシな所に行けるんだ」って言ってた!

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

ヒーロー屋
ヒーロー屋
マシな暮らしじゃなく、ところってのが気に入っててさ。
Right Caption

ジンジャーエール

え?結局なんつーかそれって土地ってことじゃ?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
僕は居場所ととらえたんよ。自分がより自分で居られる場所。
Right Caption

ジンジャーエール

そんな場所があるんかねぇ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
あるかどうかは分からないけど、それを求め続ける限り人は自由に銭の力で各国を行き来できるようになる。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
醍醐、そしてその主家富樫は滅びるけれど、敵国だった朝倉のように戦国大名になり、法を定め独立国家の様相を呈する地域が日本全国に現れ、国家間の軋轢と同時に国家経営の観点から流通経済も活性化し始める。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そして銭が人と人とを結びつける拠り「どころ」となる。( ¯﹀¯ )どやぁ

Right Caption

ジンジャーエール

(うぜぇ~)うまくまとめたような顔しおってからに。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
それに銭は使用者を選ばないから名もなき民でも扱える便利なツールでもある。
Right Caption

ジンジャーエール

銭の力が民の力になるっての?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そう、直結するわけじゃないけれど、下克上の流れを加速させたことはたしかだね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
くわしくはウィキペディアの戦国時代(日本)の概要を参照してよ。
Right Caption

ジンジャーエール

ソースはウィキペディアw

ヒーロー屋
ヒーロー屋
いいんだよ、分かりやすいんだから。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
要は貨幣経済の拡大が、経済の急成長をうながし、商人、町人、農民といった下層のネットワークが発言力や軍事力を持つにいたるわけだ。

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
事実この後、醍醐景光の主家であった富樫家も一向一揆によって滅ぼされてるし。
Right Caption

ジンジャーエール

それは宗教反乱じゃね?

ヒーロー屋
ヒーロー屋
いや、浄土真宗(一向宗)本願寺の宗主たる蓮如が諌めても、無視されたらしいし。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
原作の漫画『どろろ』でも民衆反乱という形でラストとなってるしね。
Right Caption

ジンジャーエール

じゃあ、今回のアニメ版は違う形の結末になったわけだ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
結局は力には力で対するしかないのか?という手塚治虫の問いに対する答えともとれるよね。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
んで、だいぶ遠回りしたけど、一方の百鬼丸
Right Caption

ジンジャーエール

あ、そういや忘れてた。でも、鬼神は全部倒したし、体も元に戻ってあとどろろと一緒にお宝回収に行くんじゃないの?

 

 

人としての証のために

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

ヒーロー屋
ヒーロー屋
いや、彼は戻らなかった。
Right Caption

ジンジャーエール

ええ?なんでだよ?!
ヒーロー屋
ヒーロー屋
どろろも当然怒るんだけど、琵琶丸が言うには百鬼丸は今やっと生まれることができた。果たして自分は人として生きることができるのか。それともこの戦国の世の修羅に堕ちてしまうのか、確める旅に出たのだろうとね。

出展:ツインエンジン ニュース

Right Caption

ジンジャーエール

それでもどろろを置いて行っちゃうなんて!!
ヒーロー屋
ヒーロー屋
まあ、そう言わんと。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
百鬼丸には最後の決着が残ってたんだ。実の父、醍醐景光との。
Right Caption

ジンジャーエール

そういや朝倉勢と戦ってたんだっけ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
根拠地たる醍醐の城が焼け落ちたことで、敗退を余儀なくされたのは確かだね。そしておそらく追撃を受けて軍勢は四散し、彼一人、あの地獄堂に落ち延びた。

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

ヒーロー屋
ヒーロー屋
すべてを取り戻した百鬼丸とすべてを失った景光というのが、以前十二話で再開したときとは真逆の対比になってて興味深いよ。

*以前の二人の再会について。おススメ記事:

ヒーロー屋
ヒーロー屋
その場で初めて父景光と言葉を交わす百鬼丸
Right Caption

ジンジャーエール

言葉を交わすって言ってもどうせ景光の恨み言かなんかだろ?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そうだね。実際その通りで、しかも百鬼丸に自分を斬るよう挑発し、死ねば多宝丸のところに逝ける、そして鬼神となって醍醐の地を守らん、と。

出展:WebNewtype(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

Right Caption

ジンジャーエール

そ、それじゃ結局同じことの繰り返しじゃんか!!
ヒーロー屋
ヒーロー屋
・・・・・・・まあ、最期は武士として、男として格好をつけたかっただけかもしれないけど・・・・・
ヒーロー屋
ヒーロー屋
・・・僕は父親になったことがないから分からないけど、全てを奪ったわが子にしてやれる唯一のことが、その手で恨みを晴らさせてやることだったのかもしれないなぁ、とか・・・

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

Right Caption

ジンジャーエール

それがカッコつけなんじゃん。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
まーね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
百鬼丸の答えは多宝丸のときにすでに出てるしね。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
百鬼丸景光が傍らに置いていた兜に刀をつきたて「俺は、人だ」と言い残し、ただ寿海から貰った観音像をのみ父の背後に置いて、その場を去る。

Right Caption

ジンジャーエール

あれ、置いてっちゃうの?

ヒーロー屋
ヒーロー屋
心は受け取ったからね。観音像を置いていったのは父への、もしかしたら二人の父への決別の意味もあったのかも。

Right Caption

ジンジャーエール

・・・自立か・・・成長したなぁ、百鬼丸
Right Caption

ジンジャーエール

そうか、今まではどろろっていうセーフティであり、支えになる存在がいて始めて一人前だった百鬼丸が一人の人として、生きることができるかを確かめる、そのために一人、どろろを残して旅立っちゃったんか~。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
残された観音像の眼前で泣き崩れる醍醐景光が印象的だったよ。もし、あのとき、わが子を鬼神に委ねず嫡男として家督を譲っていれば、もしや醍醐は・・・とね。

Right Caption

ジンジャーエール

言うてもせんないことだけどなぁ。

銭の流れにかかる橋

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
というわけで大団円である。
Right Caption

ジンジャーエール

なんか、いいんだけど、どうも物足りない感が・・・どろろ百鬼丸はこの後どうなったんだろ?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
子供から大人(当時の概念でだけど)へと成長したどろろは再び、百鬼丸とめぐり合い、二人は幸せに暮らしましたとさ。

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

Right Caption

ジンジャーエール

だーーー!そんなうすっぺらい蛇足つけんなし。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
うすっぺらくて悪かったな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そーだなー。ラストの彼女の姿から想像するに、たんに父親の遺産を浪費したわけじゃなさそうなのは確かだし、第一話でも道端で商いをしてたように何らかの商売を始めたんだと思うよ。さっきの画像でも小奇麗ながらも華美に過ぎず、動きやすい服装から自ら現場へ出向いていろいろやってるんじゃね。いつも駆けてるような子だからね。

出展:WebNewtype(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
そして橋の向こうで振り返る百鬼丸。橋は土地と土地、人と人とをつなぐものとしての暗喩なんだろうけど、案外実在の橋かもしれないよ。
Right Caption

ジンジャーエール

そりゃまあ、日本全国どこにでもありそうな橋だったけど。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
でもあれだけ長い橋となると結構絞れるんじゃね。
Right Caption

ジンジャーエール

じゃあ、どこさ?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
ズバリ、日本三名橋のひとつ、瀬田の唐橋

 

歌川広重 『近江八景』より「勢田夕照」

Right Caption

ジンジャーエール

前回もそんなこといってはずしてたよ~な。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
(´・ω・`)ショボーン
Right Caption

ジンジャーエール

いいから、語れやw
ヒーロー屋
ヒーロー屋
「ばんもんの巻」で知り合った少年、助六っていたっしょ。彼のつてを頼って朝倉領の人々との人脈を築くことができるし、この後の一向一揆による武力蜂起で権力の空白地帯となる醍醐の地の利を知るどろろたちなら、他の行商人が知らない抜け道、山道を越えての交易活動が可能だ!

*助六について。おススメ記事:

Right Caption

ジンジャーエール

ほんほん。んで?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
朝倉の本拠地一乗谷は応仁の乱で荒廃した京の都から公家やら文化人やらが逃げてきて、小京都と言われるほどの活況を呈することとなる。
Right Caption

ジンジャーエール

ほいほい、それから?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
朝倉領の北の敦賀(つるが)には遠くとも隣国、大明帝国との私貿易が盛んな港があり、そこから加賀越中へと大陸の品を流通させることも可能だし、逆に南に下って近江から京へ向かうこともでき、この交易路を開拓すれば、京に残った人々と一条谷や各地域に逃げた人々の間での物や情報のやり取りを銭を媒介にして行うこともできる。

Right Caption

ジンジャーエール

それからどした?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
その近江から京へ向かう橋こそ瀬田の唐橋なんよ!
Right Caption

ジンジャーエール

じゃあ、最後の場面、二人はそこで再会を・・・
ヒーロー屋
ヒーロー屋
まあ、瀬田の橋は南北朝の騒乱で焼け落ちてるんだけどね。ちゃんと立て直すのは信長がやるけどそれはまだ先の話。

 

つーか、まだ生まれてねーし

Right Caption

ジンジャーエール

おいー。ここまで長々と引っ張っといてそんなオチか!
ヒーロー屋
ヒーロー屋
まぁ、落ち着けって。ちゃんと、って言ったっしょ。唐橋なんて立派なもんじゃなくとも、重要な橋だから実際何度も簡単な橋は建てられてるから矛盾はないんよ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
実際、ラストの橋だってただの橋だったろ。

 

 

Right Caption

ジンジャーエール

結局最後は橋の話になっちまったじゃないか。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
いーじゃないの。黄金の銭の流れの上にかけられた人と人をつなぐ橋の上で、二人はまためぐり合う。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
実にロマンじゃありゃせんか。
Right Caption

ジンジャーエール

あれ銭の流れだったんか。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
うん、ちょっと無理があったかな?

 

 

『どろろ』がつなぐ歴史の流れ

ヒーロー屋
ヒーロー屋
まあ、いろいろあったけど僕の中ではベストに入るアニメ作品だったね、今回の『どろろ』は。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
壮大な歴史の流れの一端と、そして現代史にまで通じる観念もかいま見れたし。

Right Caption

ジンジャーエール

ちょっと仰々しすぎないか?現代史関係あんの?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
やー、なんつーか、このラストから信長の時代に続いていくことを考えるとさ。銭っていうキーワードは漫画『センゴク』の前日譚的な外伝『センゴク桶狭間戦記』でも触れられてるし、同じく漫画『へうげもの』にも通じるところがある。

*『センゴク桶狭間戦記』レビュー。

ヒーロー屋
ヒーロー屋
あるいは下克上ってキーワードならこれより前の南北朝時代から使われだしたわけだから、この時代と時代の狭間をつなぐ物語として『どろろ』は最高におもしろいってことさ。
Right Caption

ジンジャーエール

じゃあ、現代史ってのは?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
手塚治虫が描いた原作漫画『どろろ』は1967年から1969年まで連載されたんだけど、それが当時過激化していた学生運動ってのとちょうど同時期なんだよね。

Right Caption

ジンジャーエール

ほへー、それは知らんかった。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
原作では横暴な権力に対し、力には力で対抗していく民衆を見ながら百鬼丸は一人どろろと分かれて姿を消す。
Right Caption

ジンジャーエール

手塚さん自身が過激化する学生たちと距離を置いていったってことかいな?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
決して百鬼丸自身は民衆蜂起を否定しているわけじゃないんだけど、自身の戦いとはとらえてはいなかったね。手塚自身の作品からも権力への絶対的な不信感はその後の作品からも大いに読み取れるしね。

Right Caption

ジンジャーエール

それでも自分は自分の道を行ったわけか。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
まー、打ち切りエンドだしねー。
Right Caption

ジンジャーエール

言っちゃあならんことを!

ヒーロー屋
ヒーロー屋
それに対して、今回のアニメ『どろろ』はどろろ自身が刀を忌避してるところがラストまで貫かれてる。

Right Caption

ジンジャーエール

妖刀似蛭(にひる)・・・

出展:ツインエンジン ニュース

*妖刀似蛭とは?おススメ記事:

ヒーロー屋
ヒーロー屋
忘れろ!(笑
Right Caption

ジンジャーエール

力に力で対抗したらそれこそ同じ事のくりかえしになっちゃうからな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
現代における政治不信ってのは60年代当時の圧倒的な権力への対抗心なんてもんじゃなく、一種のあきらめというか、当てにならない与野党政治家たちへの侮蔑的な感じが強いと思うんよ。

Right Caption

ジンジャーエール

政治不信どころかマスメディアも信用ガタ落ちだもんな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そんな僕ら現代人も、鬼神や醍醐の支配から解き放たれた人たちのように、自分の力で生き抜いていかなきゃならない時代が来てるのかもしれない。
Right Caption

ジンジャーエール

どーやって?金の力かなやっぱ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
それも必要だけど、僕はまず情報、それと人と人とのつながりを広げてくことじゃないかと思うよ。
Right Caption

ジンジャーエール

リアルでもネットでも?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そうそう。最近は何かというと揚げ足取ったり、会社とかでも相手のミスを見逃さんとしてる輩も多いし、ときにつるし上げにする風潮もある。まー、もとはマスメディアが率先してやってたんだけど。

Right Caption

ジンジャーエール

スマホの普及でだれでもそれが可能になっちまったからな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
誰かを犠牲にするんじゃなく「持ちつ持たれつ」お互い様ってこと。闇雲に糾弾するんじゃなく相手も自分と同じ、痛みも感じれば、優しさも持つ人間であることを認識できれば、分かり合えるかもしれないし、それが無理でもお互いを尊重することはできるはずなんだ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
そうすることで相手を許し、違う者を許容することができる、そんなことが感じられたアニメでした。

 

Right Caption

ジンジャーエール

フヒー、今回はずいぶん長文になったな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
最終回だったからということで、そこはひとつ。

 

 

 

ヒーロー屋
ヒーロー屋
それと日本橋の門倉ビルでの原画展が会期延長だって!

 

Right Caption

ジンジャーエール

7/15までか。行かんの?
ヒーロー屋
ヒーロー屋
ひざに矢をうけてしまってな・・・

Right Caption

ジンジャーエール

なんだよ、また調子くずしたのか。しょうがねーな。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
てやんでい!ゆっくりいくさ。千里の道も
Right Caption

ジンジャーエール

それ冒頭でやったろ。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
というわけで、きっと百鬼丸どろろは再会して、たぶん用心棒的なことでもしていくんじゃないかなーと、こう思うわけであります。
Right Caption

ジンジャーエール

落書きまでして捏造を、ていうかどろろ似てねーじゃん!
ヒーロー屋
ヒーロー屋
いやー、なんとなくで、イメージで、ぼんやりと描いてみた。
Right Caption

ジンジャーエール

上に画像があるというのに。
ヒーロー屋
ヒーロー屋
とにもかくにも、魅力のある作品でしたよー!

出展:TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) | Twitter

 


Right Caption

ジンジャーエール

じゃあ今回はこの辺で。
Left Caption

ヒー&ジン

ほいじゃねー!

 

第二十三話はこちら↓

おススメ記事: